コミカルストーリー

都市伝説 怖い 隙間女

隙間女にまつわる怖い都市伝説のご紹介です。

ある男性が、自分の部屋の中で何者かの視線を感じるようになった。

あたりを見回すが、部屋の中にいるのは自分一人である。

でも、見られているという感覚は拭えず、しばらく続いた。

男性は不安になり、室内を物色してみるが見つからない。

男性は益々心配になり、それは念入りに部屋中を探した。

すると、ふと視線の正体を発見してしまったのだ。

タンスと壁のわずかな隙間から、じっとこちらを覗いている女がいた。

わあぁぁぁぁぁ〜


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。